返済不要の助成金や補助金もある!?事業資金の賢い調達法


事業資金はどれくらい必要か検討しよう!

事業を始めるには、事業所を構えるために必要な賃貸料や事業に使用する機器の調達費をはじめ、収入が得られるまでの従業員の給与など、様々な項目の資金が欠かせません。事業資金の額は事業内容によっても異なりますが、製作所や転売事業など、部品や商品を購入しなければならない事業の初期投資が大きく膨らむことも珍しくありません。一方、コンサルティングやカウンセリングなどの相談事業であれば、応接セットと通信システムがあれば十分なので、初期投資費用がさほどかさむことはないでしょう。いずれにしても、オフィスの賃貸料・敷金・礼金や従業員の数カ月分の給料などを併せれば、通常必要な事業資金は数百万円に上ることになります。

自己負担金が無くても大丈夫!上手な事業資金の調達法

こうした高額の資金を自己負担だけで調達することは容易ではありません。そこで、助成金や補助金などの公的支援サービスを利用することをおすすめします。助成金と補助金は返済する必要がなく、返済計画を立てることなく事業資金として活用できます。助成金は給付額が低いものの、認定条件が緩く、申請すればほとんどの場合助成を受けられます。これに対して、補助金は給付額が高く人気がありますが、認定条件が厳しく審査に通って補助金を受け取れるのは、一部の事業者に過ぎません。ただし、こうした公的支援サービスは事業を開始して実際に負担した額を事後的に補填する形式のものが多く、認定されたからといって、事業開始前に受給される訳ではない点に注意しましょう。事前に他者から資金を調達したい場合は、クラウドファンディングなど広く民間から資金提供を募る方法もあります。

事業資金とは、事業を経営する上で必要なお金のことです。種類は大きく分けて3つあり、開業資金、設備資金、運転資金があります。資金の調達には、国や自治体の補助金や融資などが挙げられます。

Archives