社会保険事務が大変なら社労士に依頼!!就業規則も社労士に頼ろう!!


社会保険や労働保険の手続き

多くの会社では社会保険や労働保険の適用事業所とされ、社員が入社や退職をしたときには手続きをする必要があります。手続きのためには専用の書類に必要事項を記入して役所に届けなければいけませんが、書類作成に専門知識が必要だったり作業が大変で自社内で行えないときもあります。このときは社労士に手続きの事務処理をしてもらうようにしましょう。社会保険や労働保険の手続きは社労士以外の資格を持っている人に委託はできず、専門家として知られる税理士や行政書士などでも代行はできません。

入社や退職の時の手続き以外に給付の手続きなどを行ってもらえるのもメリットでしょう。給付関係は発生頻度が少ないので従業員が手続きをするのは大変ですが、専門知識を持つ社労士であれば安心して依頼できます。

就業規則の作成やメンテナンス

会社には就業規則があり、その会社の従業員は就業規則に則って仕事をしなければいけません。就業規則の作成のタイミングとしては会社設立時になり一度作成すればそれ以後何もしなくていいと思っている経営者もいるようです。就業規則は労働基準法と大きくかかわっていて、労働基準法が改正されたときに就業規則も変更しないといけないかもしれません。社労士は労務関係のスペシャリストで、それぞれの会社に合った就業規則の作成だけでなく法改正の対応もしてくれます。労働基準法の変更が予定されるときには就業規則の変更の必要性を教えてくれます。急な変更だと従業員を混乱させてしまいますが、社労士に任せておけば十分余裕を持たせて変更手続きをしてくれます。

渋谷の社労士の中には、学校や会社からの依頼で、キャリアコンサルティングやカウンセリングを行う事務所もあります。